地域連携機能向上コンサルティング

具体的な施策と指標を設定し、病院の地域連携機能の向上を支援します。

「地域連携機能向上コンサルティング」 は、次のようなニーズに対応するサービスです。

  • 自院の地域連携室を、より活性化したい。
  • 稼働率向上・新入院患者数増加に関する改善策について、具体的にアドバイスしてほしい。
  • ポジションを明確にして、地域医療機関・施設等との強い関係を構築していきたい。

 

サービス概要

 

スケジュール例

初期診断 約2ヶ月、プロジェクトの推進 約12ヶ月にて、地域連携の機能向上を支援して参ります。
(コンサルティングの期間及び支援内容は、現状をヒアリングの上、柔軟に対応します。)

Phaseテーマ内容
1初期診断
(2~3ヶ月)
外部環境調査・内部環境調査の結果を踏まえて、新入院患者についてルート別に課題を抽出するなど、重要指標を分析し、効果的な改善テーマを設定します。
2シナリオの策定
(1~2ヶ月)
重要施策についてプロジェクトを設置し、メンバーとともにアクションプラン・シナリオを策定します。また、目標となる指標をメンバーとともに設定します。
3活動の推進・モニタリング
(8~10ヶ月)
弊社のこれまでの支援事例等を参考にしながら、アクションプランを推進し、指標をモニタリングします。
4効果測定・総括
(1ヶ月)
効果・成果を測定・評価、総括します。また、今後の取り組みとして想定される課題についても整理し、院内で継続した改善活動の検討材料にしていただきます。

 

導入費用(税抜)

 見積り事例 

Phase1 : 初期診断  総額100万円~     
Phase2~4 : 地域連携機能向上コンサルティング  月額 60万円~         
※交通費・宿泊費は別途、実費請求。

※規模・サービス内容に応じて料金は変動します。個別にご提案・お見積り差し上げます。

 

人員体制例

 お客様のメンバー 

 担当者(ご対応窓口) 1名 ほかプロジェクトチーム(多職種) 

 弊社のメンバー 

 コンサルタント 1~2名 

※規模・期間により、複数でのご対応となる場合もございます。

 

改善事例

ルート別の入院実績を分析、シナリオを策定し地域連携活動を推進した。
(地方私立病院 300床)

抱えていた課題
  • 病床再編が必要だが、すぐには意思決定できない状態だった。
  • 病床稼働率向上のため、地域連携の強化が早急の課題となっていた。
  • コミュニケーションが縦割りになっており、全体を俯瞰して地域連携を推進する責任者が不在だった。
弊社が行った改善策
  • 地域連携プロジェクトを設置し、ルート別の入院実績を分析、シナリオを策定した。
  • 救急隊・消防署への挨拶・勉強会を開催し、営業活動の頻度を上げた。
  • 連携先別紹介件数の把握と営業活動・コメディカルを含めた交流を推進した。
  • 営業日報・現場の声・Dr.別の返書管理等、情報の共有を進めた。
改善結果
  • 地域連携室が活性化し、病院内のコミュニケーションが大きく改善された。
  • 受入体制と院内連携について問題があることが、病院内で合意形成された。
  • 信頼関係が構築され、連携先の生の声が上がってくるようになったので、改善課題についてメンバーが確信を持てるようになった。
  • 目標としていた新入院患者数を達成し、目標を上方修正できた。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

  

 

 

ご提案・お見積り依頼は、カンタン専用フォームにて。


 

病院の「地域連携」について、検討したい。

日本経営のサービスについて、概要を知りたい。

具体的な提案や見積りを依頼したい。 

 

このような場合には、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~17:30)

大阪 06-6865-1373 (担当 角谷)

東京 03-5781-0600 (担当 川端)

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©株式会社日本経営