DPCデータの分析・運用コンサルティング

具体的なDPC対策を支援し、医療の質の向上と医療資源の適正化を目指します。

「DPCデータの分析・運用コンサルティング」 は、次のようなニーズに対応するサービスです。

  • 出来高包括差額に影響の大きい症例から、効果的にプロセスを見直したい。
  • コーディングなど、現場の事例に基づいた適切な指導をしてほしい。
  • どのように課題抽出とフィードバックを行ったらよいか、医事課スタッフを育成してほしい。
  • 出来高部分に意識が届かず、適切に課題を把握したい。

 

サービス概要

 

スケジュール例

初期診断 約2ヶ月、DPCコンサルティング 約10ヶ月にて、ご支援します
(コンサルティングの期間及び支援内容は、現状をヒアリングの上、柔軟に対応します。)

Phaseテーマ内容
1初期診断~現場ヒアリング
(2ヶ月)
自院・他院の診療科別ベンチマーク、代表的症例のベンチマーク、ケース分析などの診断と現場ヒアリングにより、効果的な改善プログラムのアウトラインを描きます。そして、初期診断の結果や現場ヒアリングの意見をもとに取り組むべき重点課題と重点項目を設定します。
2包括項目改善プログラム
(9か月~)
※3と並行して実施
診療科別DPC分析やコーディングの精度調査を実施します。診療科別にヒアリング(課題提示・改善検討)と評価(進捗管理)を繰り返すことでプロセスの見直しをご支援します。
3出来高項目改善プログラム
(9か月~)
※2と並行して実施
現場スタッフの意見をもとに設定された重点課題および重点目標に対して、改善策の提案や部門間の調整を実施します。
4効果測定・定着化
※全体で約1年
改善項目を定着(クリニカルパス・マニュアル・システム化)させ、継続的に改善が進められるよう、院内の連携体制構築をご支援します。

 

導入費用(税抜)

 見積り事例 

Phase1:初期診断 基本料金 100万円~(5診療科まで)     
※ 1診療科追加ごとに、15万円の追加となります。
Phase2~4:DPCコンサルティング 月額 80万円~     
※交通費・宿泊費は別途、実費請求。

※規模・サービス内容に応じて料金は変動します。個別にご提案・お見積り差し上げます。

 

人員体制例

 お客様のメンバー 

 担当者(ご対応窓口) 1名 ほかプロジェクトチーム(多職種) 

 弊社のメンバー 

 コンサルタント 1~2名 

 

改善事例

1症例当たりの単価の向上により、年換算で約2.8億円の増益効果を得られた。
(急性期病院 760床)

抱えていた課題
  • DPC分析をしたが、具体的な取り組み項目が定まらず、改善が進まなかった。
  • 事務職から医療職への情報提供ができておらず、院内のコミュニケーションが円滑に進まなかった。
弊社が行った改善策
  • DPC制度についての院内勉強会を実施し、情報の浸透を図った。
  • DPC分析によって現状把握と課題抽出を行い、改善策を提示した。
  • 医療職の参加により、課題共有と院内コミュニケーションの推進を図った。
  • 院長・副院長同席のもと、診療科ごとに医師ヒアリングを実施し、現状分析と課題提示、改善方法の検討を行った。
  • 改善策の実施状況についてモニタリングを行い、その徹底を図った。
改善結果
  • 1症例当たりの平均額がコンサル導入前に比較して約1万円の増加となった。
  • 年換算で約2.8億円の増益効果となった。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

 

  

 

 

ご提案・お見積り依頼は、カンタン専用フォームにて。


 

病院の「DPCデータの分析・運用」について、検討したい。

日本経営のサービスについて、概要を知りたい。

具体的な提案や見積りを依頼したい。 

 

このような場合には、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~17:30)

大阪 06-6865-1373 (担当 福田)

東京 03-5781-0600 (担当 川端)

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©株式会社日本経営