病棟再編

病棟構成・入院料を見直し、収支改善を支援するコンサルティング

「病棟再編」は、次のようなニーズに対応するサービスです。

  • 病床稼働率は高いが利益が十分に出ておらず、どのような病棟構成にすべきか分析・提案してほしい。
  • 診療報酬改定の度に現在の病棟機能の維持が難しくなっており、対応についてアドバイスがほしい。
  • 病棟再編を進めようとしても院内だけではなかなか進まないので、プロジェクトに加わって推進を支援してほしい。

 

サービス概要

 

ご提案するソリューションのスケジュール・事例

(コンサルティングの期間及び支援内容は、現状をヒアリングの上、柔軟に対応します)

Phaseテーマ内容
1

事業調査

(1~2ヶ月)

・外部環境分析(政策との適合性、診療圏の需給状況等をもとにポジショニングの確認)

・内部資源分析(事業別損益、業績統計資料等をもとに経営状態の分析)

2

病棟機能の検討

(2~3ヶ月)

・外部環境分析と内部資源分析から出した方向性の中で病棟機能のパターンを提示。メリット、デメリットを踏まえて機能の選択を支援。
3

アクションプランの策定

(1~2ヶ月)

・決定した病棟機能の再編を進めるため、タスクと責任者を明確にし、円滑にプロジェクトを推進。
4

病棟再編の実行支援

(6ヶ月~)

・プロジェクトの進捗管理、準備や病床運営において発生する課題へのアドバイス。

  

一般的な人員体制例

 お客様のメンバー 

院長・経営幹部・実務担当者 

 弊社のメンバー 

コンサルタント 1~2名

 

改善事例

病棟構成のパターンと具体的な検討材料を提示、円滑な意思決定が行われた。
(公的病院 ケアミックス300床)

抱えていた課題 ・人口減少により患者数が減少傾向にあり、病床稼働率は大幅に低下している。
・近隣は病院が多く、病床過剰地域となっている。
・医師及び看護師の確保も難しく、患者数の増加は難しい。
弊社が行った改善策 ・財務状態と現在の診療実績を整理し、必要な利益に対してどのような改善が必要か提示した。
・コスト削減が難しい中で病棟再編による収益性の改善が必須であり、病棟構成のパターンを複数提示。
・その中で、急性期病棟の地域包括ケア病棟への転換、療養病棟の廃止を採択。
・経営幹部の中で合意形成を進めるために、他部署へのヒアリングや会議のファシリテーションを行った。
解決ポイント ・従来の経営改善が、診療報酬の算定件数増加やコスト削減の改善活動に留まっており、抜本的な病棟再編に踏み込んでいなかった。現状で何が可能なのか第三者から施策を提示。
・多くの選択肢の中で、目標利益や施策の実現可能性、リスクの排除の仕方等を提示したため、経営幹部の合意形成が円滑に進んだ。
コンサルティング結果 調査・プランニング・実行支援について知見を持ったコンサルタントが携わることで、以下のような効果があった。
・具体的な改善額やデメリット等の検討材料が提示され、円滑な意思決定ができた。
・病床数は減少したが、収益は大幅に増加した。
・結果として利益改善だけでなく、職員の勤務負担の軽減や患者への手厚い看護を提供できるようになった。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

  

 

ご提案依頼は、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~17:30)

大阪 06-6865-1373 (担当 近藤)

東京 03-5781-0600 (担当 坂本)

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©株式会社日本経営