経営体験ゲーム「Change」

ゲームを通じて病院経営を疑似体験し、経営施策への理解・目標達成への危機感を育む研修

「経営体験ゲームChange」は、次のようなニーズに対応するサービスです。

  • 管理職に経営体験をさせて、管理職としての自覚と責任感を高めたい。
  • 一つ一つの経営判断が、どのように収益に影響するかを実感させたい。
  • 安易な増員や昇給が、どのように経営に影響するかを実感させたい。

 

サービス概要

 

改善事例

病院経営シミュレーションゲームを通じて、目標達成への危機意識を共有した。
(私立病院 精神科200床)

抱えていた課題 ・毎年の役職者研修で経営目標は理解されているが、あと一歩のところで達成できない。
・「倒産するかもしれない」という健全な危機感を持ち、目標を達成しきる力を身に着けさせたい。
弊社が行った改善策 ・役職者研修に、経営シミュレーションゲームを導入。
解決ポイント ・4人がチームになり、地方都市の一般病院を経営。
・8年間の病院経営を疑似体験。毎年各種施策を選択し、意思決定によって財務状況が左右される。
・倒産させてしまったチームは「謝罪会見」を開く。施策を間違えば簡単に倒産してしまうことを体感。
コンサルティング結果

・財務諸表と向き合い続けることにより、事務職への理解が進んだ(こんなに大変な仕事をしているとは知らなかったなど)。
・役職者の中で、経営に向き合うという姿勢が共有された。今まで公開してこなかった経営数値を、役職者に公開することができた。

・自院の現実の経営状態への理解が進み、より目標に対してコミットする組織風土が育まれた。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

 

 

ご提案依頼は、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~17:30)

大阪 06-6865-1373 (担当 佐藤)

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©株式会社日本経営