事業の再編・統合

中長期の視点から、事業の統廃合とコア事業への集中を支援するコンサルティング

「事業の再編・統合」は、次のようなニーズに対応するサービスです。

  • 長年赤字続きの事業があるが、地域ニーズや利用者のことを考え、意思決定できずにいる。
  • ここ数年で収支が赤字転落した。事業構造の問題だとは認識しているが、どのように改善すればよいか悩ましい。
  • 職員が不足し現場のオペレーションで精一杯で、稼働率アップに取り組めない状況である。

 

サービス概要

 

ご提案するソリューションのスケジュール・事例

(コンサルティングの期間及び支援内容は、現状をヒアリングの上、柔軟に対応します)

Phaseテーマ内容
1

事業調査

(1~2ヶ月)

・外部環境分析(政策との適合性・介護需給状況等をもとにポジショニングの確認)。

・内部資源分析(事業別損益、業績統計資料等をもとに経営状態の分析)。

2

統廃合シミュレーション・

スケジュール策定

(2~3ヶ月)

・各調査内容及び経営幹部層等へのヒアリングを通じて、法人の採るべき経営戦略を明確化。

・経営戦略を踏まえ、事業の統廃合による収支シミュレーション及び統廃合スケジュールを作成。

3

実行支援

(3ヶ月~)

・統廃合シミュレーション及びスケジュールに沿って、行政調整及び進捗確認を実施。

  

一般的な人員体制例

 お客様のメンバー 

理事長・経営幹部・実務担当者   

 弊社のメンバー 

コンサルタント 1~2名 

 

改善事例

赤字事業を廃止した場合の収支シミュレーション・スケジュールを提示、事業廃止によって大幅な利益改善が実現した。
定期巡回・随時対応型訪問介護看護 訪問介護

抱えていた課題 ・定期巡回・随時対応型訪問介護看護 訪問介護の収益性が悪化。
・登録者数が数名にも関わらず人員配置を行っているため、年間で数千万の赤字。
・廃止に関する手続き、その後の収支見込が分からない。
弊社が行った施策 ・定期巡回事業を廃止し、法人内他事業に職員を異動させることでの収支改善の予測値算出。
・事業廃止に向けたスケジュール及び行政調整の補助。
解決ポイント ・事業規模を縮小するくらいであれば、赤字であっても事業を継続した方がよいと経営者が考えていた。
・職員も改善の必要性を感じていない。
・数字によるシミュレーションがなかった。
コンサルティング結果 ・事業廃止により、年間数千万円の赤字を解消。
・職員をショートステイに配置し、稼働率向上を実現することで収入を改善した。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

 

ご支援実績・事例

 

 

ご提案依頼は、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~17:30)

大阪 06-6865-1373 (担当 宮本)

東京 03-5781-0600 (担当 中川)

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©株式会社日本経営