同一労働同一賃金への対応

「同一労働同一賃金」への対応を支援するコンサルティング

「同一労働同一賃金対応支援」は、次のようなお悩みにお応えするサービスです。

  • 同一労働同一賃金の法対応が進んでおらず、どう進めてよいかわからない。
  • 職種が多岐にわたっていて、対応が難しい。詳しい専門家も身近におらず、対応に苦慮している。
  • 正規職員と非正規職員の職務内容・責任の程度の違いを見出しにくく、差がないことになってしまうが、本当は差があるのではないか。
  • 何が不合理な差なのか、どれくらいが合理的な差なのかの判断に困っている。
  • 正職員確保のために充実させてきた福利厚生制度が多く、非正規職員を対象にするのは難しい。

 

サービス概要

 

ご提案するソリューションのスケジュール・事例

(コンサルティングの期間及び支援内容は、現状をヒアリングの上、柔軟に対応します。)

Phaseテーマ内容
1

現状分析

(1~2ヶ月)

・同一労働判定(職務の内容、配置変更の範囲に基づき調査)

・均衡待遇判定(基本給、諸手当、賞与、退職金、教育訓練、福利厚生、休暇など不合理な格差を調査)

2

非正規労働者の

人事方針の決定

・非正規活用方針を決定

・給与・処遇制度の方針を決定

3

コース設定

給与・処遇の決定

・コースを設定し、コースに応じて不合理性を解消するよう給与・処遇ルールを設定
4新制度のツール整理 ・コース別給与・処遇制度一覧、労働条件通知書、待遇差について、説明資料を作成

 

一般的な人員体制例

 お客様のメンバー 

役員・実務担当者  

 弊社のメンバー 

コンサルタント 1~2名

 

改善事例

予想されていた大幅な人件費増を抑制、同一労働同一賃金に適切な対応を実現できた。
(社会福祉法人 売上規模約30億)

抱えていた課題

・同一労働同一賃金への対応について不安がある。第三者的に評価をしてほしい。

・大幅な人件費増が予想されており、対応いかんで変えられるのであれば、極力抑えたい。

・職員の納得性が高い賃金制度を構築したい。

弊社が行った改善策

・各部署長へのヒアリングによる、同一労働判定(職務の内容、配置変更の範囲に基づき調査)

・各種規程・給与データから均衡待遇判定

・同一労働だと判断される可能性のある職種について、新たな格差を検討

・雇用区分における役割(働き方)及び処遇格差の検討

・制度移行原資のシミュレーション

・待遇差について説明資料の作成

解決ポイント

・一部手当を廃止することで、法人の持ち出しを最小化。

・現場が不満に感じているポイントを整理し、適正な処遇格差を検討。

・一部部署において正規職員と非正規職員の間で同一労働と判断される可能性があったが、所属長と検討の結果、新たな違いを設けることができた。

コンサルティング結果

・当初想定されていた法人の持ち出しを、大幅に削減することができた。

・曖昧であった各部署・各職種の職務内容や責任の程度を明文化することができた。

・異動有無や、柔軟な勤務対応等による労働上の不公平感を処遇へ反映できた。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

 

 

ご提案依頼は、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~17:30)

大阪 06-6865-1373 (担当 鈴木)

東京 03-5781-0600 (担当 中川)

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©株式会社日本経営