コンサルティング・トピックス「病院のRPA活用」

コンサルティング・トピックス

医師の勤務負担軽減のためRPAを導入

2020.01.15

  • 病院でもRPA導入に注目・期待が集まっている。
  • 導入支援病院では作業そのものが削減され、劇的な業務効率化が見られた。

 

病院のRPA導入について相談したい

 

中小企業や医療機関でも導入が始まっているRPA

皆さん、「RPA」という言葉を聞かれたことがあろうかと思います。

RPAとは、ロボティック・プロセス・オートメーションの略称です。

製造業の工場では、生産ロボットが溶接やボルト締めなどの定型作業を行って自動車や各種製品を生産しています。

これと同じように、ホワイトカラーの事務オフィスにおいても、定型反復の事務作業をパソコン上のロボット(RPA)が作業するというものです。

大企業では数年前からRPAが普及してきていますが、最近は中小企業や医療機関でも導入が始まっています。

 

いずれ医療クラークや看護職、事務職も負担に耐えられなくなる

病院のRPA導入

ところで病院で、このRPAが注目されているのは何故でしょうか。

病院では、医師やその他医療職の勤務負担軽減、時間外労働の削減が急務となっています。

そして、医師の勤務負担を軽減するため、タスクシェアリングやタスクシフティングが推進され、医療行為の一部を特定看護師とシェアしたり、事務作業を医療クラーク(医師事務作業補助者)等へシフトしたりしています。

しかし、日本の就業人口は減少し、すでに採用もままなりません。

タスクシェアリング・タスクシフティングだけでは、いずれ医療クラークや看護職、事務職も負担に耐えられなくなるでしょう。

そこで、タスクシェアリング・タスクシフティング先である医療クラークや看護職、事務職の業務効率化が必要になってくるわけです。

 

RPAで医療クラークや看護職、事務職の業務を効率化する

「定型反復の事務作業」を得意とするのが、RPAです。

病院でRPAが注目されているのは、このためです。

医療機関では、日誌や月次の経営会議資料、年次の役所・学会等への届出資料など、日次・週次・月次・年次の資料作成業務に追われています。

特に、施設基準届や学会登録、各種認証取得が多い病院では、その定型事務作業は膨大です。

この定型事務作業をRPAに代替することで、医療クラークや看護職、事務職の業務を効率化し、ひいては医師の勤務負担軽減・働き方改革が実現していくのです。

 

45~50分間かけていた作業が、RPAにより35秒で完了

実際に、私が導入支援した病院では、スタッフが約30分間かけていた作業が、RPAに代替することで、約15秒で完了させることができました。

また、別の病院では退院サマリ作成の確認のために、複数の部門システムから抽出したリストの照合に45~50分間かかっていたものが、RPAにより35秒で実現することもできました。

何よりも、作業そのものが削減されたわけですから、劇的な業務効率化です。

 

アウトプットと業務フローを再構築・標準化する

RPA導入にあたっては、留意点もあります。

それは、ただ闇雲に作業を自動化すればよいということではなく、システムや業務フローなどを理解した上で、最も効率化が期待できる作業から着手し、順次、最適なプロセスを再構築していく必要があるということです。

具体的には、院内の事務作業の業務フローを整理して、それをRPA上の「シナリオ」と呼ばれる作業指示ステップに変換・登録していくわけですが、この過程で、電子カルテや医事会計システム・文書管理システムなどのシステム構成やデータを理解した上で、アウトプットと業務フローを再構築・標準化していくことになります。

プロセス改善コンサルティングのエッセンスが必要であることから、私どもにも多くのご相談をいただき始めています。

ご関心あれば、せひ担当者までお声かけください。

 

病院のRPA導入について相談したい

 

レポートの執筆者

太田昇蔵太田昇蔵(おおた しょうぞう)
株式会社 日本経営 コンサルタント


民間急性期病院の医事課を経て2007年、日本経営グループに入社。医療情報システム導入支援、医療関連企業のマーケティング支援を経て、グロービス経営大学院MBAコースを修了。現在は、病院経営コンサルタントとして医師人事制度構築支援・経営計画策定支援、役職者研修などに携わる一方、後進の育成を担う。

 

本稿は掲載時点の情報に基づき、一般的なコメントを述べたものです。実際の経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

 

コンサルティング事例・レポートのご紹介

最近のレポート

2020.01.10
コンサルティング・トピックス「病院のRPA活用」
2020.01.10
組織活性化・人事評価コンサルティング「共創型マネジメント」
2020.01.07
介護福祉経営コンサルティング「稼働率を向上させる/持ちうるもの全てを使って解決する」
2019.12.23
コンサルティング・トピックス「久々の電子カルテ補助金、医療情報化支援基金」
2019.12.10
組織活性化・人事評価コンサルティング「医師のマネジメント」
2019.12.10
介護福祉経営コンサルティング「稼働率を向上させる/営業は地域を支える重要な活動」
2019.11.10
組織活性化・人事評価コンサルティング「パワハラと指導」
2019.11.01
介護福祉経営コンサルティング「稼働率を向上させる/管理者の心構え」
2019.10.10
組織活性化・人事評価コンサルティング「周りを元気づけるメッセージ」
2019.09.10
組織活性化・人事評価コンサルティング「リスクマネジメントの行き着くところ」
2019.08.10
組織活性化・人事評価コンサルティング「言われたことしか行動できない」
2019.02.05
病院組織人事コンサルティング「中小病院の人事制度設計」vol.02 各階層に求められる役割・成果
2019.01.29
病院組織人事コンサルティング「中小病院の人事制度設計」vol.01 組織実行力を高める4つのポイント
2018.10.10
NKニュースレターvol.41 民間活力も導入し新たな都市づくりを
2018.08.10
NKニュースレターvol.40 地域医療構想からみる介護医療院
2018.05.24
NKニュースレターvol.39 周産期から看取りまで、広がる看護師活躍の場
2018.03.14
NKニュースレターvol.38 「地域の意思」を示し、住民の「希望」に応える
2017.09.15
NKニュースレターvol.37 2018年度診療報酬改定に向けた最新動向を徹底解説!
2017.07.15
NKニュースレターvol.36 骨太の方針2017 を読み解く!
2017.05.15
NKニュースレターvol.35 始動する地域医療連携推進法人
2017.03.15
NKニュースレターvol.34 平成30年、医療計画の見直しに向けて
2017.01.13
NKニュースレターvol.33 医師需給、偏在問題を考える
2016.09.15
NKニュースレターvol.32 医療事故調査制度
2016.06.15
NKニュースレターvol.31 2016年度診療報酬改定
2016.05.13
NKニュースレターvol.30 地域社会における医療 ・ 介護の実力
2016.02.15
NKニュースレターvol.29 健康経営を考える
2015.12.15
NKニュースレターvol.28 日本再興戦略を読み解く
2015.10.15
NKニュースレターvol.27 マイナンバーと医療・介護
2015.08.15
NKニュースレターvol.26 平成28 年度診療報酬改定を展望する
2015.06.15
NKニュースレターvol.25 地域医療構想と2025年の医療提供体制
2015.04.15
NKニュースレターvol.24 平成27年介護報酬改定を読み解く
2015.02.16
NKニュースレターvol.23 日本経営の人材育成
2014.12.15
NKニュースレターvol.22 地域包括ケアシステムを検証する
2014.10.15
NKニュースレターvol.21 自治体病院の人事評価・病床機能報告

GROUP

日本経営グループトップ

©株式会社日本経営