組織活性化・人事評価コンサルティング「周りを元気づけるメッセージ」

組織活性化・人事評価

組織活性化・人事評価のコンサルティングレポート

Iメッセージを自然に口にできるリーダー

2019.10.10

  • 組織の活性度は、意欲と満足によって測定される。
  • 本レポートでは、組織活性化・人事評価のポイントについて、現場のコンサルティングの実例を踏まえてお伝えする。

 

組織活性化・人事評価について相談したい

 

「私は嬉しいよ!」という承認

とある病院に周りを元気づける、魅力的な看護部長がいます。

その方とお話すると、私もとても幸せな気持ちになるのです。

話し方の特徴を見てみました。

すると、周囲の方によく感謝の気持ちを伝えていることに気付きます。

つまり、「承認」です。

承認というと、「よくやったね」「頑張っているね」「すごいね」などほめる言葉がイメージされやすいですが、感謝の気持ちを伝える、ということも十分承認になります

 

相手を主語にした「YOUメッセージ」

組織活性化・人事評価コミュニケーションにおいては、「YOUメッセージ」と「Iメッセージ」というものがあります。

YOUメッセージは、相手(YOU)を主語にして観察したことや感じたことを伝えるメッセージです。

「(あなたは)よく頑張ったね。」「(あなたは)仕事が正確だね。」というような言い方をします。

ですからYOUメッセージは、相手に対して「評価」をしたようなニュアンスになります。

YOUメッセージは目上の人に使うことは違和感があります。

一般職員から、「理事長はよく頑張りましたね。」と言うのは、あまり一般的ではないでしょう(笑)。

この違和感は目上の人を敬いましょうという儒教の考え方がある文化圏だからだそうで、欧米では目下の人からYOUメッセージで褒められても、違和感は覚えないそうです。

 

私を主語にした「Iメッセージ」

これに対して「Iメッセージ」とは、私(I)が主語になって発せられるメッセージになります。

例えば「君のおかげで(私は)助かったよ!」「(私は)すごく嬉しかった!」というような言い方です。

「Iメッセージ」は発信する人の感じ方、気持ちを伝える言い方です。

こちらは伝え手の気持ちを伝えているので、「理事長、私は助かりました。」などと、目下の人から目上の人に伝えても違和感はありません。

小泉純一郎元総理が、怪我を抱えながらも優勝した貴乃花関に対して「痛みに耐えてよく頑張った、感動した!」と発言した言葉は、流行語として多くの方に知られることになりました。

これも、「痛みに耐えてよく頑張った」はYOUメッセージですが、「感動した!」はIメッセージです。

この時、マスコミが取り上げた言葉は、「痛みに耐えてよく頑張った」ではなく、「感動した!」の方でしょう。

Iメッセージが、多くの方の共感を得たのだと思います。

 

「Iメッセージ」で感謝の思いを伝える

冒頭の看護部長の魅力は、Iメッセージである感謝の思いを伝えていることかもしれません。

「○○さん、資料整理をしてくれてありがとう。こんなに早く片付けてくれることで、私がどれだけ助かったことか。」

「○○さん、素晴らしい研修だったわ。こんなに成長してくれて、私は本当に嬉しい!」

少し恥ずかしくなるようなセリフも、すらすらと自然に言えてしまうのです。

Iメッセージを自然に口にできるようなリーダーに、私もなりたいと思います。

  

組織活性化・人事評価について相談したい

 

レポートの執筆者

高園忠助高園忠助(たかぞの ただすけ)
株式会社 日本経営 組織人事コンサルタント


2006年4月入社。病院・介護福祉施設への組織・人事全般が専門分野。2014年11月よりクラウドサービス「人事評価Navigator」の開発に着手し、開発責任者、事業開発責任者となる。2017年4月からの1年間医療機関に出向し、収益改善、組織改革、建替基本構想策定を実施。2018年10月福岡オフィス長に就任。

 

本稿は掲載時点の情報に基づき、一般的なコメントを述べたものです。実際の経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

 

コンサルティング事例・レポートのご紹介

最近のレポート

2020.01.10
介護福祉経営コンサルティング「稼働率を向上させる/営業は地域を支える重要な活動」
2020.01.10
組織活性化・人事評価コンサルティング「共創型マネジメント」
2019.12.23
コンサルティング・トピックス「久々の電子カルテ補助金、医療情報化支援基金」
2019.12.10
組織活性化・人事評価コンサルティング「医師のマネジメント」
2019.11.10
組織活性化・人事評価コンサルティング「パワハラと指導」
2019.11.01
介護福祉経営コンサルティング「稼働率を向上させる/管理者の心構え」
2019.10.10
組織活性化・人事評価コンサルティング「周りを元気づけるメッセージ」
2019.09.10
組織活性化・人事評価コンサルティング「リスクマネジメントの行き着くところ」
2019.08.10
組織活性化・人事評価コンサルティング「言われたことしか行動できない」
2019.02.05
病院組織人事コンサルティング「中小病院の人事制度設計」vol.02 各階層に求められる役割・成果
2019.01.29
病院組織人事コンサルティング「中小病院の人事制度設計」vol.01 組織実行力を高める4つのポイント
2018.10.10
NKニュースレターvol.41 民間活力も導入し新たな都市づくりを
2018.08.10
NKニュースレターvol.40 地域医療構想からみる介護医療院
2018.05.24
NKニュースレターvol.39 周産期から看取りまで、広がる看護師活躍の場
2018.03.14
NKニュースレターvol.38 「地域の意思」を示し、住民の「希望」に応える
2017.09.15
NKニュースレターvol.37 2018年度診療報酬改定に向けた最新動向を徹底解説!
2017.07.15
NKニュースレターvol.36 骨太の方針2017 を読み解く!
2017.05.15
NKニュースレターvol.35 始動する地域医療連携推進法人
2017.03.15
NKニュースレターvol.34 平成30年、医療計画の見直しに向けて
2017.01.13
NKニュースレターvol.33 医師需給、偏在問題を考える
2016.09.15
NKニュースレターvol.32 医療事故調査制度
2016.06.15
NKニュースレターvol.31 2016年度診療報酬改定
2016.05.13
NKニュースレターvol.30 地域社会における医療 ・ 介護の実力
2016.02.15
NKニュースレターvol.29 健康経営を考える
2015.12.15
NKニュースレターvol.28 日本再興戦略を読み解く
2015.10.15
NKニュースレターvol.27 マイナンバーと医療・介護
2015.08.15
NKニュースレターvol.26 平成28 年度診療報酬改定を展望する
2015.06.15
NKニュースレターvol.25 地域医療構想と2025年の医療提供体制
2015.04.15
NKニュースレターvol.24 平成27年介護報酬改定を読み解く
2015.02.16
NKニュースレターvol.23 日本経営の人材育成
2014.12.15
NKニュースレターvol.22 地域包括ケアシステムを検証する
2014.10.15
NKニュースレターvol.21 自治体病院の人事評価・病床機能報告

GROUP

日本経営グループトップ

©株式会社日本経営